広瀬すずの髪型


広瀬すずさんの髪型〜ショートボブについて解説していきたいと思います。

黒髪でもできる髪型なので学生さんにも人気の髪型なのです。

髪質によっては難しい髪型ですが、素材によってカットの仕方を変えることで近い雰囲気になる方法を紹介したいと思います。

 

広瀬すずさんの髪型を切ってみた

まずはいつも通り切ってみました。

顎くらいの長さのワンレングスボブです。

 

 

サイド

 

 

 

後ろ

 

 

ただまっすぐ切っただけ

芸能人の髪型というと何か特殊なことをしているのではないか?

と思う方も多いかもしれませんが、実はまっすぐ切ってるだけです。

 

美容師として駆け出しの頃はまっすぐ切るこのボブがなかなか上手に切れなくて苦労します。

今となってはなんであんなに苦労したんだろうと思いますが・・・

 

ただまっすぐ切る。

意外とこの基本ができない美容師は多くいます。

 

僕はこういったごまかしのきかない技術が結構好きです。

 

 

本田翼の髪型との違い

前から見ると確かに似て見えますが、一番の違いは横顔です。

広瀬すずさんはワンレングスボブなので平行なラインでカットされています。

 

 

本田翼さんは前下がりのグラデーションボブ。

後頭部に段差が入っているので丸みを感じるスタイルです。

 

 

 

広瀬すずさんの髪型は黒髪なので重たく感じやすいです。

ある程度サイドを軽くすることで雰囲気が近くなります。

あまりすかないカットだと重たく野暮ったく見えてしまうので気をつけましょう。

 

 

 

 

ショートボブにしやすい髪質

基本的に毛量が普通か少なめの方にオススメです。

かなり短めのボブなのでボリュームが出やすいです。

ボリュームが出やすく広がりやすい髪質の方は難しいかもしれません。

また直毛の方も毛先が自然にうちに入ってくれないのでショートボブにはあまり向きません。

 

 

 

ボリュームが出て広がりやすい髪質への対処

どうしてもボリュームが出てしまうという方にはインナーレイヤーという手法を使うことによってボリュームを抑えることができます。

これはすくのと違って、内側だけ段を入れる手法です。

上から長い毛がかぶさることで外から見るとなんの変哲もないボブに見えるわけです。

 

 

ところどころ穴を開けるようなカットを施すことで髪をパサつかせずにボリュームをコントロールすることができます。

 

綺麗につなげてカットするだけがカットの手法ではないのです。

 

 

ですが、もちろん下のようなカットは明らかに失敗です。

襟足と上にかぶさる毛がつながっていないので妙な段差ができています。

変な線ができてるでしょう?

こういうカットをする人はたまに見かけますが、お家での再現性は低いです。

お手入れがかなりしにくいです。

 

あくまでも隠し味程度に繋げないカットを取り入れることで毛量や毛流を自在に操ることができるのです。

 

 

直毛への対処

直毛の方は髪がうちに入らずハネやすくなります。

そういう方はほんのりグラデーションを入れることによって丸みを足します。

 

 

髪が硬く直毛の場合は少しグラデーションを入れてカットすることで改善されます。

毛先の重なりのズレを少し作ることでシルエットが丸く見えるようになるのです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

カットは奥が深いです。

普通に切るのは簡単です。

ですが、素材に合わせてカットの方法を変えることができる美容師はごくわずかです。

自分の髪質でお悩みの方がいましたら是非参考にしてみてください。

 

 


 
 
 
フリーランス美容師 Sakurai Takuya
 
似合わせや髪質を活かしたカットはお任せを
 

営業日
 
不定休

営業時間
 
10:00〜
最終受付時間は18時(施術内容によっては17時)

アクセス
 
自由が丘駅から徒歩3分
 
詳しいアクセスはコチラ
メニュー・料金
 
カット 6480円
カラー 7560円〜
パーマ 7560円〜
 
詳しいメニュー・料金はコチラ
ご予約・相談
 
LINE@
LINEで友だち追加
 
 
メール
メールする