目次

 

 

 

 

 

 

 

ジアミンって知ってますか?

正式にはパラフェニレンジアミンという物質なのですが、一般的なカラー剤には含まれております。

この物質があるおかげでアルカリカラーは色持ちが良く、綺麗な色に発色します。

さて、このジアミンなのですが、実はアレルギー性の物質なのです。

ニュースで話題になったりもしたのでご存知の方も多いかもしれませんが、1991年からフィンランドではすでに使用を禁止されている物質です。

その他にも一部使用を禁止している国はたくさんあります。

使い続けるとアレルギーが発症してしまうかもしれない物質なのです。

 

アレルギーが発症してしまう原因

一般的にノンジアミンカラーを求める方は大人世代の方が多いです。

特に白髪染めを頻繁にするような世代です。

若い世代は少ないです。

 

なぜか?

それはアレルギーが発症する仕組みにあります。

人それぞれアレルギー物質を許容できる受け皿があるのですが・・・

アレルギーを引き起こす物質を取り続けるとその受け皿を超えてしまう日がいずれ来ます。

するとアレルギーを発症してしまうのです。

カラーを続けた大人世代の方にジアミンアレルギーの方が多いのもそういった理由があるからなのです。

 

まだアレルギーをお持ちでない方もいつかジアミンアレルギーを発症してしまうかもしれません。

そういったリスクを避ける意味でもノンジアミンカラーをなるべく若いうちから使い続けた方が良いのは言うまでもありません。

 

 

なぜヘアカラーにジアミンを使い続けるのか?

実はジアミンが入った染料は色持ちが非常に良いというメリットがあります。

色もちが良いだけでなく、発色にも優れている・・・

ジアミンより発色が良く、色もちも良いという物質は今の所見つかっていないのです。

また、実際にカラーでかぶれる方の割合は少ないという事実。

これがなかなか日本のヘアカラーからジアミンがなくならない原因でもあります。

 

 

カラーでかぶれる方は我慢しないで!

カラーをしていて、かゆくなったり、かぶれたりするのを我慢している方はいらっしゃらないでしょうか?

我慢を続けるといずれもっと症状が重たくなってしまうこともあります。

 

カラーのときに上記のような不快感を感じている方は症状が重くなる前になるべく早くノンジアミンカラー、またはヘアマニキュアや天然100%のヘナに切り替えた方が良いです。

症状が重くなってからでは遅いのです。

 

かぶれる方も根元につけなければ大丈夫?

すでにアルカリカラーでしみる、ピリピリする、かぶれる方がよく美容室で勧められるのが根元につけないで塗る方法だと思います。

この方法はすでにアレルギー症状が出ている方には全く意味がないと思ってください。

塗っている時は良いかもしれませんが、仮に全く頭皮につけずに塗ったとしても結局、流す時には必ずついてしまいます。

シャンプー台に首をつけた瞬間

シャワーで流している途中

微量であっても一瞬でもつけば一緒です。

結局、かぶれてしまうのです。

もうアレルギー反応が微量でも出ている方にはこの方法はお勧めしません。

 

ただ、根元をつけない塗り方はまだアレルギー症状が出ていない方にはお勧めできる方法です。

予防という意味では良いかもしれません。

 

 

アレルギー症状が悪化した実話

アレルギー症状がすでに出ているのに我慢をしてでもアルカリカラーを続けてしまう方もいらっしゃいます。

その理由はヘアマニキュアだと色持ちが悪い(2週間ぐらい)というのもありますが、根元ギリギリを責めて塗ることができないというのも理由のようです。

特に生え際の白髪がどうしても気になってきてしまうんですよね。

 

実際に聞いた話だと・・・

あるお客様はアルカリカラーをすると、顔や首など関係ない部位にアレルギー症状が出てきてしまっていたそうです。

それでもどうしても生え際の白髪が気になるということで全体はヘアマニキュア、塗る箇所を顔周りだけに減らして我慢して続けていたそうです。

塗るのを顔周りだけに限定すれば大丈夫だろうと・・・

 

こういうことを許してしまうのはその美容師のジアミンアレルギーに対する深刻な認識不足です。

知識があれば、絶対に止めるべきですから。

結局、症状が悪化して通常のアルカリカラーは全くできなくなってしまったようです。

 

このようにアレルギー症状を無視して続けると深刻なレベルまで症状が悪化してしまうこともあるのです。

 

 

生え際の白髪をカバーしたい。

でもヘアマニキュアだとカバーしきれない・・・

こういったお悩みを持つ方にこそノンジアミンカラーをオススメします。

 

 

根元からしっかり染まるノンジアミンカラー

現在取り扱っているノンジアミンカラーは根元から染めることができます。

ヘアマニキュアと違って頭皮につけて塗布することができるからです。

ヘアマニキュアをされた経験のある方ならわかると思うのですが、少しでも根元についてしまうとなかなか色が落ちないですよね。

 

ノンジアミンカラーはヘアマニキュアと違い、地肌についてもすぐ落とすことができます。

 

先ほどの例のように根元からしっかり染められないからという理由で顔周りだけ通常のアルカリカラーを使っていた方も、ノンジアミンカラーに変えていただくことでアレルギーのリスクをはるかに少なくしてカラーを続けることができるのです。

 

 

 

 

 

どんなノンジアミンカラーを使っているの?

僕が扱っているノンジアミンカラーは文字どおり、ジアミンが入っていない酸化染料不使用のカラー剤です。

塩基性HC染料と言われるものを使用しています。

非常に分子量の小さいHC染料が髪の内部まで浸透します。

HC染料だけだと色の抜けも早いのですが、塩基性染料が表面に吸着することで色が抜けにくくなるような構造になっています。

いわゆるトリートメントカラーと呼ばれるものに近い構造なのですが、独自の配合で染料をしっかり発色させるので従来のものと比べ、色もちも格段に良くなっているのが特徴です。

 

一般に出回っているトリートメントカラーは3回くらい染めてようやく少し色が入ってくるというものがほとんどですが、現在扱っているノンジアミンカラーは1回の施術で白髪も染めることができる画期的なカラー剤なのです。

 

また、キュプアスバター(天然の植物油脂)などのトリートメント成分が配合されていることで仕上がりにツヤが出るのも嬉しいところです。

つやつやでダメージレスな仕上がりに感動される方もいらっしゃいます。

 

ノンジアミンカラーの色味は?

ノンジアミンカラーの色味は少ないと思われる方が多いのですが、実際には非常に多くの色味を表現することができます。

白髪をカバーするブラウン系はもちろん、アッシュなどの寒色系のお色からピンクのような暖色系のお色もご用意しております。

薬剤の配合次第で多彩な色味を表現することができます。

 

ジアミンアレルギーになってしまった方はどんな色味でも良いから染めたいという方も多いのですが、いろいろと色味を楽しむことができます。

色味など諦めていた方も是非ご相談ください。

きっとご希望の色味に近づけることができます。

 

 

 

 

 

 

 

その他のジアミンが入っていないカラー

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは酸性カラーと呼ばれるものです。

アルカリ、ジアミン、過酸化水素全てが入っていないカラー剤です。

 

酸性領域(アルカリ性と逆の性質)で発色する性質があります。

髪をコーティングして発色します。

色持ちはおよそ2〜3週間です。(髪質によります)

 

デメリットは

根元からしっかり染めることができない

明るくすることができない

カラーチェンジがしにくい

パーマがかかりにくくなる

などのデメリットがあります。

 

ヘアマニキュアは安全と言われておりますが、ごく稀にかぶれてしまう方もいらっしゃいます。

 

ヘナ

こちらもアルカリ、ジアミン、過酸化水素が入っていないカラーになります。

ヘナはオレンジやブルー(インディゴ)の色味を出すことができます。

ニュートラルヘナという透明な色を混ぜて色味を調整することもできますが、表現できる色味が非常に限られます。

こちらも髪を明るくすることはできません。

ただ、色持ちは非常に良いです。

根元からしっかり染めることもできるのでもし、ヘナの色味が苦手でなければこちらもオススメです。

また、天然100%のヘナにはローソンという成分が髪の内部で絡みつく性質があり、髪の内部を補強してくれるトリートメントとしての側面もあります。

ダメージ毛を補強してくれる効果もあるのでオススメです。

(オレンジ色になってしまうのは難点ですが・・・)

 

 

ちなみに天然だから安心という認識をされる方も多いのですが、意外とトラブルを多く聞くのもこちらです。

ヘナだから安心と謳って、100%天然のものを扱っていない美容室もあるので注意が必要です。

天然100%でないものはケミカルヘナといってジアミンが少量配合されていることもあります。

もしジアミンアレルギーの場合、ケミカルヘナを使用することでアレルギー症状が出てしまうこともあるのです。

 

また、天然100%のヘナでも、まれに植物性のアレルギーになってしまう方もいらっしゃいます。

特にインディゴはかゆみが出る方が多いようです。

ヘナなどが初めての方はパッチテストすることをオススメします。

 

 

 

 

 

ノンジアミンカラーのメリットとデメリット

ノンジアミンカラーのメリット

アレルギーを発症するリスクが極めて少ない(※100%ではありません。)

白髪にも一回で染まる

根元からしっかり染めることができる

頭皮への刺激がほとんどない

刺激臭が無い(ほのかに良い香りがします)

専用のライトナーを使えば、黒髪を明るくして色味を入れることもできる

髪へのダメージはほぼゼロ

ヘアマニキュアと違いカラーチェンジがしやすい

 

ノンジアミンカラーのデメリット

髪質によっては一回の施術でしっかり白髪が染まらないことがある

色持ちが通常のアルカリカラーと比べると短い

 

 

ノンジアミンカラーの色持ちは?

ノンジアミンカラーの色もちはアルカリカラーと比べると短いというお話をしましたが、近年のカラー剤の進化は目覚ましいものがあります。

使用しているノンジアミンカラーは色持ちが3週間から1ヶ月とジアミンを使わないカラーにしてはかなり持ちが良いです。

(もちろん髪質や使用する色味によって色持ちは変わります。暗めに染めた方が色は持ちます。)

 

アルカリカラーの場合、3週間ぐらい経つとどうしても伸びてきたときの境目がくっきりと別れて不自然な感じになります。

しかし、ノンジアミンカラーの場合、伸びてきたときに色が少し抜けて境目がぼんやりと馴染むことで逆に伸びてきた白髪目立ちにくくなります。

このように色が1月程度で抜けてくるというのは逆にメリットでもあるのです。

 

 

 

 

 

ノンジアミンカラーの注意点

ノンジアミンカラーは文字通りジアミンが入っていません。

染料も肌に刺激がないものを使用しているのでかぶれにくいです。

皮膚に対しての安全性は極めて高いものです。

ですがアルカリは配合します。

毛先はアルカリなしで染めることもできますが、根元の部分は染まりをよくするためにアルカリは配合する必要があるのです。

一般的なカラー剤と比べれば低アルカリなのでしみにくいのですが、アルカリに反応している方はしみてしまう可能性は少しあります。

 

また、髪を明るくする場合は、過酸化水素というものも合わせて使用します。

過酸化水素に反応している方は使用できない可能性があります。

その場合、明るくはせずに色味だけを入れることになります。

 

カラーでかぶれることで自分でジアミンアレルギーと思っている方も実は違うということもあります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

ヘアカラーでピリピリ・・・もしかしてアレルギー?

 

 

また、その他の成分に反応してしまう可能性もわずかですがあります。

100%アレルギーが出ないことを保証するものではないのでもし心配がある方は一度パッチテストをされることをお勧めします。

 

 

心配な方は一度検査しましょう

アレルギーなどの心配がある方は一度専門の病院で診てもらうことをお勧めします。

僕もパッチテストをしていますので、心配な方は一度ご連絡下さい。

 

 

こちらでパッチテストのやり方についてもご紹介しています。

ヘアカラーのパッチテストのやり方

 

 

 

ノンジアミンカラー専用用具をご用意

カップやはけ、マドラー、イヤーキャップ、クロス、タオルなど

ジアミンが混入しないように専用の用具をご用意しております。

 

また、道具の洗浄にも細心の注意を払っております。

一度ジアミンが混入してしまうと良く洗浄したと思っていても取りきれず、それが原因でかぶれてしまうこともあるからです。

 

道具や洗浄に気を使うことでジアミンなどが混入し、事故を起こさないように最大限注意しておりますので安心してお越しくださいませ。

 

 

 

 

ノンジアミンカラーの料金

ノンジアミンカラーは8640円(税込)〜(ブロー料金別)で提供しております。

希望の色味によっては施術工程が増え、追加料金がかかることがございます。

詳しくはお問い合わせください。

 

メニュー・アクセスはこちらから↓

Menu / Access

 

自由が丘でノンジアミンカラーをしたい方は是非ご連絡ください。