デジタルパーマでコテ巻きを再現できるのか?


ヘアカタログの髪型は基本的にはコテ巻き

 

ヘアカタログには実際にパーマをかけているものはほとんど載っていません。

 

何mmのロッドで〜

ランダムにパーマを〜

 

と説明が書いてあっても実際にはパーマをかけてないこともあるんですよね・・・

 

なので・・・

 

ヘアカタログを見せて

 

こんな感じにパーマをかけてほしい!

 

と伝えても、大半は

 

再現できないんです(´;ω;`)ウッ…

 

 

だからだと思うのですが、

 

パーマをかけたけどなんかイメージと違った・・・

 

これ、本当によくあります!

 

 

実はどうしてもパーマよりコテ巻きの方が髪が綺麗に見えるんです。

 

なので雑誌とかカタログの写真はコテ巻き中心に載せてしまう傾向にあるのです。

 

 

 

ですが・・・

 

ただ「できません」というのは誰でもできること。

 

少しでも近づける方法はないんでしょうか?

 

 

そんなわけで今日は

デジタルパーマでどこまでコテ巻きを再現できるのか

やってみたいと思います。

 

 

今回はベーシックな感じの重めのスタイルに切ってみました。

 

このブローした状態からコテ巻きをしていきます。

 

 

コテ巻きしてみた

ミックス巻きです。

 

顔周りからリバース、フォワードに交互に巻いてます。

 

こんな巻き方をしたら、再現しにくそうですが・・・

 

この巻き髪をデジタルパーマで再現したいと思います。

 

デジタルパーマで再現してみた

デジタルパーマ機

こんな機械につないでかけます。

 

デジタルパーマはコテで巻いたような大きなカールが出せて持ちが良いのが特徴。

 

ヘアカタのようなスタイルを再現するにはデジパーが一番向いているのです。

 

デジタルパーマでコテ巻きを再現

 

向かって左側だけデジタルパーマをかけてみました。

 

正面から見ると・・・

左がデジタルパーマで右がコテ巻き

左右で見てあまり違和感なくかけれたようにも思います・・・

 

アップにして比べてみましょう。

コテ巻きの方がカールにツヤがある

こちらがコテ巻きです。

カールにツヤがあります。

 

 

パーマはコテ巻きと比べると少しパサつきやすい
こちらがデジタルパーマをかけた方です。

 

コテ巻きと比べると

乾かしながらカールを出していくので

どうしても少しパサっとした感が出やすいです。

 

ヘアクリームをつけるとほとんど気にならなくなりますよ。

 

 

今回のように

完全には再現できなくても

ほぼ見た目には同じくらいまでには持っていけることもあります。

 

 

もちろん髪質やなりたいスタイルによっては

難しいこともあるのでご相談ください。


 
 
 
フリーランス美容師 Sakurai Takuya
 
似合わせや髪質を活かしたカットはお任せを
 

営業日
 
不定休

営業時間
 
10:00〜
最終受付時間は18時(施術内容によっては17時)

アクセス
 
自由が丘駅から徒歩3分
 
詳しいアクセスはコチラ
メニュー・料金
 
カット 6480円
(2017年12月1日〜 8640円)
カラー 7560円〜
パーマ 7560円〜
 
詳しいメニュー・料金はコチラ
ご予約・相談
 
LINE@
LINEで友だち追加
 
 
メール
メールする