お家でサロンなみの仕上がり!髪がサラサラになるトリートメントのやり方

 

皆さんはおうちでどうやってトリートメントをつけていますか?

 

シャンプーが終わったら

トリートメントを手でつけて

なんとなくなじませたら流す

 

そんなことしていませんか?

 

残念ながらそのやり方だと効果は半減してしまいます。

 

実はほんの一手間加えるだけでトリートメントの効果は上がり

 

毎日サラサラな状態が続くようになるのです!

 

 

今回は

美容師が教える正しいシャンプーのやり方

の続きです。

 

全部で5ステップでできるので順番に見ていきましょう。

 

 

サロンクオリティの仕上がりになるトリートメントのやり方

1水気を切る

水気を切る

 

びしゃびしゃすぎる状態でトリートメントをつけても薄まってしまいます。

 

効果も半減しています。

 

毛先を軽く絞ってからトリートメントはつけましょう。

 

2トリートメントをつける

トリートメントを手に取る

 

皆さんは手に取ったらまずどこにトリートメントをつけていますか?

 

気をつけて欲しいのですが、

 

絶対に根元にはつけないでください!

 

シャンプーでせっかく綺麗にした頭皮をトリートメントで汚してしまうことになります。

 

髪に良い成分が頭皮に良いというわけではありません。

 

吹き出物の原因になったりするのでやめましょう。

 

 

中間から毛先にかけてつけるようにしましょう。

 

ショートヘアの場合は毛先だけでも良いです。

 

根元につけないように気をつけてください。

 

 

3コーミングする

トリートメントをコーミングでなじませる

 

毛先に手でつけたらすぐ流してしまう

 

という方が多いと思います。

 

ですが、それだと効果が薄まってしまいます。

 

クシを通しながら毛先まで馴染ませましょう。

 

これだけで内側の髪までしっかりトリートメントの成分が行き渡るようになります。

 

お風呂場に目の粗いクシを一つ置いておきましょう。

 

 

 

4乳化する

・シャワーの水をほんのすこしだし、髪にについたトリートメントを流します。

 

・洗面器でそのお湯を受けます。

 

・洗面器で受けたお湯をまた、毛先につけてクシでなじませます。

 

この乳化という作業を行うことで仕上がりが段違いに良くなります。

 

実はお湯とトリートメントが乳化した状態だと髪にトリートメントの成分が浸透しやすいのです。

 

乳化の際は流しすぎないのがコツです。

 

本当にチョロチョロお湯を出してかけるイメージです。

 

洗面器のお湯を上からかぶるようなことは絶対にしないでください。

 

頭皮についてしまうとよくないですから。

 

 

軽く濡らしながら毛先につけてくしを通すことでトリートメントがより浸透して、サラサラになります。

 

サロン帰りのようなサラサラ髪になります。

 

5流す

お流し

 

しっかり流します。

 

流しすぎも良くないので毛先の手触りを意識して適度に流してください。

 

 

 

まとめ

トリートメントの工程は以上です。

重要なポイントは

根元につけない

クシを使う

乳化する

この3つです。

 

特に乳化は面倒だと思いますが、やると効果がかなり実感できると思うので一度はやってみましょう。

 

知らない方も多かったと思いますが、

美容室では当たり前にやっていることです。

 

美髪になるためには毎日のシャンプーやトリートメントの仕方の積み重ねが重要です。

 

毎日意識してやってみてください。

 

 

 

美髪になる毎日のヘアケア方法↓

美容師が教える正しいシャンプーのやり方

お家でサロンなみの仕上がり!髪がサラサラになるトリートメントのやり方

乱暴にブラッシングしてませんか?正しい髪のとかし方

 

ご予約について ご予約の詳細はこちら

Sakurai Takuya

自由が丘の美容師。研究により編み出した独自の似合わせ理論であなたに似合う素敵な髪型をご提案致します。ボブやショートヘアにこだわりがあり、骨格や髪質の悩みを解消するカットに自信があります。

ご予約、お問い合わせはLINE@またはメールからご連絡ください。

お問い合わせはこちら