パニック障害に理解のある美容師

Pocket

僕が美容師をやろうと思ったきっかけは母の病気にあります。

母はパニック障害でなかなか美容室へ行けずに困っていたのです。

なかなか理解がある美容室というものがなく、最初は自分で髪を切っていたくらいです。

今では僕が切るようになりましたが、それまでは本当に苦労していました。

 

最近のカットしたときの記事↓

くせ毛を活かしたカット

 

一般の美容室だとやっぱりまだまだ病気への理解をしてくれる美容師が少ないのは事実です。

 

出張美容を頼んだこともありました。

残念ながら満足のいく仕上がりにはなかなかしてもらえなかったようです。

出張美容や訪問美容として必ず出てくるキーワードは

高齢者、車椅子、移動困難、病気・・・

どうしても高齢者をターゲットにしたサービスが主流です。

 

ですが、何も美容室に行けずに困っているのは高齢者だけではないと思うのです。

実際には高齢者ではない若い世代で困っている方も多くいるのです。

 

母は見た目には健康そうに見えるがゆえに、

「お店の方へ来れるでしょ?」

と言われたこともあったようです。

その美容師さんからすれば他にももっと具合が悪い方を見てきていたのでしょう。

だから自由に動ける母がただの心配性程度に見えたのだと思います。

それだけこのパニック障害という病気に対する世間の理解がまだまだ足りないのです。

母は悲しんでいました。

母に限らず、パニック障害で苦しんでいる方は気持ちの問題として軽視されることにとても悲しんでいると思うのです。

 

母以外にもきっと困っている方はいる。

そう思い、僕は出張美容を始めました。

 

理解のある美容師があなたのお家へ出張いたします。

もしお困りの方がいましたら是非ご連絡ください!

 

 

もちろんお店に来ていただくことも大歓迎です。

アットホームなお店ですのでご安心ください!

 

 

 

※現在はお店の方が忙しくなってしまい、出張美容に関しては平日のみ承っております。

お店でのカット料金と自由が丘からの往復の交通費を頂いております。

 

是非一度お気軽にご相談ください。

Menu / Access

 








ご予約について



Author
Sakurai Takuya

自由が丘の美容師。研究により編み出した独自の似合わせ理論であなたに似合う素敵な髪型をご提案致します。ボブやショートヘアにこだわりがあり、骨格や髪質の悩みを解消するカットに自信があります。
ご予約、お問い合わせはLINE@またはメールからご連絡ください。





Pocket