美容師が教える正しいシャンプーの仕方

Pocket

美容師にとって当たり前と思っていることも

 

お客様にとっては当たり前でなかったりします。

 

例えばおうちでの髪の扱い方です。

 

シャンプーの仕方やトリートメントのつけ方など

 

自己流でやっている方が非常に多く

 

自己流のケアが原因で髪の状態が良くない方も多いのです。

 

そんな方はほんの少しやり方を変えるだけで髪の状態が良くなります。

 

そこで今日からおうちでのケアについて正しいやり方をご紹介したいと思います。

 

まずはシャンプーのやり方から解説します。

 

正しいシャンプーのやり方

 

1まずはしっかりシャワーで流す

 

ここで頭皮や髪の8割の汚れは落ちます。

 

お湯の温度は38度くらいが適温です。

 

流したりないと泡立ちが悪くなってしまいます。

 

1〜2分を目安に流してください。

 

 

2シャンプー剤をつける

 

毛先を軽く絞って水気をきってからシャンプー剤をつけます。

 

泡立てで需要なのは

 

空気

シャンプー剤

 

の3つのバランスです。

 

びしゃびしゃな状態でシャンプー剤をつけても泡立ちが悪くなるだけです。

 

無駄にシャンプー剤の消費量が増えます。

 

またシャンプーを適量手に取ったらかならず

 

手で少し泡立ててから髪につけましょう。

 

これすごく重要です!

 

いきなり頭皮につけてしまう方が多いのですが、

 

 

シャンプーの原液を頭皮につけないでください。

 

後ですすぎ残してしまう原因になります。

 

 

3泡立てる

 

シャンプーをまず手で泡立てたら今度は髪につけて泡立てを行います。

 

空気を入れ込むようにして泡立てます。

 

モコモコするまでしっかり泡立てましょう。

 

イメージは泡で髪を包んで守る感じです。

 

泡立ちが悪いと髪を傷めてしまいます。

 

シャバシャバな状態でゴシゴシとシャンプーを続けると摩擦で髪が傷んでしまいます。

 

スタイリング剤をつけている方は泡立ちが悪いと思うので一度流してもう一度泡立てます。

 

 

モコモコ泡立ったらシャンプーをします。

 

4シャンプー

 

洗うときはあまり頭皮をゴシゴシしすぎないでください。

 

ゴシゴシ洗うとスッキリして気持ちが良いかもしれませんが頭皮にはよくありません。

 

現代人は基本的に洗いすぎです。

 

洗いすぎで頭皮が乾燥してしまっている方が多いです。

 

シャンプーするときはもみ洗いしましょう。

 

頭皮をこすり過ぎないことが重要です。

 

 

5流す

 

しっかり流しましょう。

 

ぬめりが取れるまで流します。

 

流したりない方が多いです。

 

思っている以上にシャンプー剤はなかなか流れないです。

 

3〜4分くらい流すイメージでやっと落ちます。

 

ちょっといつもより長めを意識して流してみください。

 

 

まとめ

ここまでがシャンプーの流れです。

 

これから毎日シャンプーするときは意識してやってみてください。

 

正しいシャンプーは髪を傷めないだけでなく

 

頭皮を健やかに保ち

 

健康な髪を育てることができます。

 

 

また、今回お話ししたように

 

最初に流した時点で汚れは8割くらい落ちるわけです。

 

市販のシャンプーは洗浄力が強すぎます。

 

成分を見てラウリル硫酸ナトリウムなど洗浄力の強い成分が配合されているものはなるべく避けていただきたいと思います。

 

オススメのシャンプーは?で割と安価なサロンシャンプーを紹介しているので是非参考にしてみてください。

 

 

美髪になる毎日のヘアケア方法↓

美容師が教える正しいシャンプーの仕方

お家でサロンなみの仕上がり!髪がサラサラになるトリートメントのやり方

乱暴にブラッシングしてませんか?正しい髪のとかし方








ご予約について



Author
Sakurai Takuya

研究により編み出した独自の似合わせ理論であなたに似合う素敵な髪型をご提案致します。ボブやショートヘアにこだわりがあり、骨格の悩みを解消するカットに自信があります。
ご予約、お問い合わせはLINE@またはメールからご連絡ください。

LINE@で友だち追加 メールする




Pocket