直毛でお悩みの方のボブ〜スタイリングの仕方など

Pocket

ボブにしたけど直毛すぎる・・・

すごい直毛の方や特に縮毛矯正やストレートパーマでまっすぐになってしまっている方はボブにしても自然に毛先が内に入ってくれません。

 

毛先が内に入らないのでシャキーンとまっすぐになってしまいます。

 

 

さらに毛先がすかれすぎている場合はハネやすくもなります。

はねやすいし、パサパサになります。

 

こうなってしまうと毎日大変ですよね・・・

 

 

ボリュームが出ないという悩み

ボリュームが出にくいとお悩みの方も実は直毛が原因だったりします。

 

毛先だけ内巻きにワンカールさせると解決することが多いです。

 

くるんと毛先を内巻きにしてワックスをつけただけ。

 

ですが・・・

 

毎日巻くのは大変!

癖毛の人は乾かし方次第でうちに入れやすくなりますが・・・

直毛の方はブラシを使ってブローしてもなかなか毛先がうちに入らないことが多いです。

 

だけど毎朝アイロンで巻くのは大変!

 

そういう方には・・・

 

パーマをかけるのもオススメ

直毛の方の場合はパーマで毛先をワンカールさせるというのがてっとり早いです。

 


乾かすだけで毛先は内巻きになってくれますからね!

 

 

ですが、ストレートや縮毛矯正をした方にはパーマはあまりお勧めしません。

特に市販のものを使ってしまった場合はかなりのダメージが加わっている方が多く、パーマが綺麗にかからないことが多いからです。

 

 

そういう方の場合はダメージしたところが伸びてなくなるまではやはりアイロンで内巻きにすることをオススメします。

 

 

アイロンで内巻きにする方法

毎日巻くのは大変だと思うのですが、実はこれが一番痛まなかったりします。

 

アイロンの温度についてダメージによりますが、毎日180℃で巻く必要はありません。

低温でもしっかり、癖はつきますよ!

ダメージ具合にもよりますが、120℃でも十分癖はつきます。

 

まずは温度を入れずに練習してみましょう!

 

コテで巻くときの注意としては・・・

 

 

クリップで挟むところを下に向けることです。

 

上に向くと折れてしまいます。

 

詳しくは

コテ巻きで変な癖がつく原因と対処法

にも書いているので是非ご参考に!

 

ショートボブだと後ろが巻きにくいと思います。

後ろは襟足付近は巻かずに表面だけ巻くのもアリです。

 

サイドとトップだけでもだいぶ雰囲気が良くなるのでやってみましょう!

 

トップは真上に引き出してワンカールするとふわっとした動きが出やすくなりますよ。

 

 

 

 

前髪もまっすぐになりやすい方は巻くと良いです。

ドライヤーで乾かしただけだとうまく流れないことが多いので・・・

 

 

前髪を巻く場合は一度流す方向と反対に引っ張って

 

内巻きに入れます。

 

 

すると綺麗に流れます。

 

 

詳しくは以前書いた記事で!

前髪の巻き方まとめ

 

 

 

 

直毛はデメリットばかりではないですよ

直毛なことを気にする方が多いですが、悪いことばかりではありません。

 

髪がサラサラストレートになりやすいです。

髪が綺麗に見えやすいのです。

 

特に伸ばしたときに直毛さんは威力を発揮します。

 

 

 

男性にもウケがよかったりします!

男性にはサラサラストレートで毛先がワンカールしてるくらいが一番好感度が高いのです。

 

それぞれの髪質には良い面と悪い面の両方があります。

うまく髪質を生かしたヘアスタイルにしたいですよね。

 

直毛でお悩みの方は是非ご参考に!

 








ご予約について



Author
Sakurai Takuya

研究により編み出した独自の似合わせ理論であなたに似合う素敵な髪型をご提案致します。ボブやショートヘアにこだわりがあり、骨格の悩みを解消するカットに自信があります。
ご予約、お問い合わせはLINE@またはメールからご連絡ください。

LINE@で友だち追加 メールする




Pocket