カットで内巻きにできるの?


カットだけで内巻きにすることはできますか?

 

内巻きになりやすくなるようにカットしてほしい・・・

 

などのご質問やオーダーをよくいただきます。

 

ところで・・・

 

内巻きになりやすいカットって何でしょうか?

 

今回はそんなことを解説していきたいと思います。

 

 

内巻きになりやすくなるカット

一番内巻きになりやすい髪型はズバリ

ボブです!

肩にぶつからない長さのボブだと基本的に内巻きになりやすくなります。

 

20161106_185207

 

ボブをカットするときは基本的にイングラデーションという技法を使います。

簡単に言うと内側の毛は短く、表面の毛になるほど長くなるようにカットすることです。

 

イングラデーション

内側が短くなっていますよね。

 

カットライン

表面の毛が内側の毛を隠しています。

 

このイングラデーションという技法でカットすると内に入りやすくなるのです。

本当に乾かしただけで勝手にうちに入るようになります。

 

ちなみに逆にハネやすくなるのがレイヤーカットです。

ツイスト巻き

 

段が入るほど動きが出るようになりますが、裏を返せばハネやすくもなるということです。

 

もう一つは顔まわりだけ前上がりにカットする方法です。

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88jpgローレイヤー

まっすぐ切りっぱなしにするよりも前上がりにカットされている方が内に入りやすくなります。

内巻き

ただ、ボブと違い、こちらは少し乾かす際にテクニックが必要です。

 

 

毛先がどれくらいすかれているかも影響します。

20161023_193027

毛先がスカスカになっているほど毛先が動く空間が生まれ、ハネやすくなります

毛先をあまりすかない方が収まりは良くなるのです。

 

 

 

まとめると、ボブのような

重めのスタイルにするほど内に入りやすくなる

ということです。

 

 

肩より長くなるとハネやすくなる

肩に当たる長さになったところからハネやすくなってきます。

ある程度長くなると関係なくなるのですが・・・

 

例えばロブはハネやすい髪型の一つです。

写真はわざと外ハネさせていますが、内に入れる場合はきちんとした乾かし方をしないとうまく収まってくれません。

 

もしスタイリングが面倒なようなら我慢して伸ばすか、潔くカットするかどちらかにするのが良いでしょう。

 

 

カットだけではどうにもならない髪質もある

実際のところは髪質によるとしか言えないです。

内に入りやすい髪質の場合はカットだけでも内巻きにすることはできます。

 

硬い直毛の髪質の場合はイングラデーションでカットしても毛先が内側に入らないです。

この場合は内巻きとは異なりますがグラデーションカットでシルエットに丸みを作ります。

 

丸みのあるグラデーションボブ

20161028_152455

ベースはワンレングスですが、表面にグラデーションカットをして丸みを出しています。

 

前下がりのグラデーションボブ

20161028_183744

グラデーションボブと言ったらこれ。

内巻きとは異なりますが、シルエットで丸みを出すことができます。

 

また、縮毛矯正をかけている場合はピーンとまっすぐになりやすいです。

金太郎みたいになってしまいます・・・

 

このような場合はアイロンを使わないと内に入らないです。

20161020_225529

 

毛先にワンカールのパーマをかけるのも手ですね。

(縮毛矯正がかかっている場合はダメージを考えると難しいかもれませんが)

 

まとめ

カットも大事ですが、きちんと内に入れやすくなるように乾かすテクニックも大切です。

はねてしまったら濡らしてもう一度内に入れるように乾かした方が良いですよ。

 

 

僕は髪質によってカットの仕方を変えています。

うちに入れる方法など普段のお手入れでわからなかいことなどあればいつでもご相談ください!

 

 


 
 
 
フリーランス美容師 Sakurai Takuya
 
似合わせや髪質を活かしたカットはお任せを
 

営業日
 
不定休

営業時間
 
10:00〜
最終受付時間は18時(施術内容によっては17時)

アクセス
 
自由が丘駅から徒歩3分
 
詳しいアクセスはコチラ
メニュー・料金
 
カット 6480円
カラー 7560円〜
パーマ 7560円〜
 
詳しいメニュー・料金はコチラ
ご予約・相談
 
LINE@
LINEで友だち追加
 
 
メール
メールする