前髪を厚くしたい・・・失敗する前に読んで!

前髪を厚くしたい

 

そんな方が多いのですが・・・

 

実はあることに気をつけないと

 

必ずと言っていいほど失敗してしまいます。

 

今回は

 

前髪を厚くする際に気をつけた方が良いこと

 

について解説したいと思います。

 

前髪が薄いから厚くしたい・・・

前髪を厚くしたいと思う方は

 

自分の今の前髪が薄いと感じているから

 

前髪を厚くしたいわけですよね?

 

 

一方で

 

前髪を厚くしようとして失敗したので直して欲しい

 

という方もいらっしゃいます。

 

 

実は

 

前髪を厚くする前に注意して欲しいこと

 

があり、その判断を間違えると

 

前髪が厚くならないどころか失敗して

 

直すのにすごく時間がかかってしまうのです。

 

 

 

あなたの前髪が厚くならない理由

前髪が厚くならない原因は

 

  • 前髪の部分の取り方が少ない
  • 前髪の毛量がそもそも少ない

 

の2つがあります。

 

 

前髪を厚くしたいという方の大半は

 

前髪の部分の取り方が少ないから前髪が薄い

 

と考えているようです。

 

もちろん

 

まだまだ厚くできることもあります。

 

ですが、

 

そもそも前髪の毛量が少ないから前髪が厚くならない

 

というパターンも実は多いのです。

 

 

 

まず、あなたの前髪が厚くならない原因が

 

  • 前髪の部分の取り方が少ない
  • 前髪の毛量がそもそも少ない

 

のどちらかなのかを必ず確認しましょう。

 

 

前髪の毛量がそもそも少ない場合、

 

無理に前髪を増やそうとすると必ず失敗します!

 

 

前髪を厚くし過ぎて失敗・・・

前髪が薄くなってきたからという理由で

 

上からどんどん毛をかぶせて前髪の厚さを足していくと

 

  • 前髪の幅が広がってしまう
  • サイドに前髪の短い髪がかぶさってしまう

 

などの失敗をしてしまうことが多いです。

 

 

基本的に前髪を作るときは

 

前髪の部分の髪を三角形に分け取るのですが

 

厚みを出すにはこの三角形を大きくしていく必要があります。

 

 

前髪厚くしすぎると幅が広がってしまう

右のイラストのように

 

前髪を厚くしようとしすぎると

 

前髪の幅が広がってしまうだけでなく

 

頭頂部付近の短くなった髪がサイドに落ちてしまうわけです。

 

 

 

前髪の厚さというのは

 

数ミリ奥行きや幅を変えるだけで

 

かなり印象が変わってしまいます。

 

上手に判断できる美容師が切らなければ

 

前髪が厚くなるどころか、

 

幅が広がったり、サイドに短い毛がかぶってしまったり

 

ということになりかねません。

 

 

前髪を増やすにもある程度限度がある

 

ということを理解していないと

 

大変なことになってしまうのです。

 

 

 

では前髪の毛量が少ない方は諦めるしかないのでしょうか?

 

もちろんそんなことはありません!

 

次の章で前髪を厚くする2つの方法について解説したいと思います

 

 

 

前髪を厚くする2つの方法

 

前髪が薄い方でも前髪を厚くする方法は2つです。

 

  • 前髪を一番厚くできる髪型にする
  • 前髪の薄さが気にならない前髪にする

 

順番に見ていきましょう。

 

 

前髪を一番厚くできる髪型

前髪の厚さを出しすぎて変になるのはボブ以上の長さです。

 

基本的にはショートヘアがオススメなのですが、

 

中でも前髪を最も厚くできるのは

 

マッシュショートです。

 

マッシュショート

 

 

マッシュショートであれば

 

前髪の上から全部毛をかぶせてカットするので

 

もっとも前髪が厚くなります。

 

 

仮にサイドに前髪の短い毛が落ちても

 

マッシュショートであれば全く問題はないです。

 

 

ですが・・・

 

できればマッシュショートにはしたくない

 

という方もいるはずです。

 

その場合は

 

今できる限界まで前髪を厚くするしかない

 

わけですが・・・

 

次に紹介する

 

前髪の薄さが気にならない方法

 

を取り入れるということもできます。

 

 

前髪の薄さが気にならない方法

 

前髪の薄さが気にならない3つの方法を紹介します。

 

 

1 前髪を作らない

前髪なしセミロング

 

前髪が薄い方は

 

そもそも前髪を作ることをやめるというのも手です。

 

これなら前髪の毛量が少なくてもわかりません。

 

ただ、おでこが広い場合は

 

目立ってしまうのでやらないほうが良いかもしれません。

 

 

 

2 前髪を流す

流し前髪 ロブ

 

一番オススメなのは流し前髪です。

 

前髪を流してしまえば、

 

量が少ない感じにはまったく見えなくなります。

 

厚めの前髪にこだわらなければこの方法がベストです。

 

 

 

3 前髪を短くする

 

前髪を短くするだけで解決することも多いです。

 

基本的に前髪は

 

長くなるほど薄く見え・・・

 

短くなるほど厚く見えます。

 

 

前髪を厚くしたいという方も

 

よく見てみると

 

前髪の長さが伸びてきて

 

長いから薄く見えているだけ

 

ということもあり、

 

中には厚くする必要はまったくなかったケースもあります。

 

 

 

ただ、本当に前髪の毛量が少なめの方は

 

眉上くらいまで前髪を短くしてみる

 

のもオススメです。

 

抵抗がない方はやってみると良いですね。

 

 

 

まとめ

前髪が薄いからという理由でどんどん厚くしようとすると

 

本来サイドに来るはずの髪を切ってしまったり・・・

前髪の幅広がってしまったり・・・

 

と思わぬ失敗を招くことがあります。

 

 

前髪の厚さの取り方というのは数ミリ単位で差が出てしまいます。

 

一度失敗すると

 

直すのにボブだったら半年くらい

 

ミディアムとかロングになると

 

年単位でかかることもあります。

 

 

もし、前髪を厚くしたい場合、

 

そもそも厚くできるのか?

それとも他の方法が良いのか?

 

一度美容室で相談するのがベストです。

 

 

前髪を厚くしたいと思っていた方は是非ご参考にしてみてください!

 

ご予約について ご予約の詳細はこちら

Sakurai Takuya

自由が丘の美容師。研究により編み出した独自の似合わせ理論であなたに似合う素敵な髪型をご提案致します。ボブやショートヘアにこだわりがあり、骨格や髪質の悩みを解消するカットに自信があります。

ご予約、お問い合わせはLINE@またはメールからご連絡ください。

お問い合わせはこちら