カットで動きを出すことはできますか?

 

カットだけで動きのあるスタイルにしてほしい

 

というオーダー。

 

 

ショートヘアにされる大人世代の方から

 

そういったご要望をいただくことがあります。

 

 

パーマをかけずにカットだけで動きを出せるのでしょうか??

 

 

 

答えは・・・

 

 

 

動きを出しやすいカットならできます!

 

 

カットである程度

 

「動きが出やすい髪型」

 

というものは作れるのですが

 

パーマをかけない場合

 

乾かし方はもちろん、ワックスを揉み込むなど

 

最後はスタイリングの力も必要になります。

 

 

動きが出やすいカットというのがどんなものなのか

 

お客様の実例を紹介しながら説明していきたいと思います。

 

動きが出やすい髪型

動きが出しやすいのはショートレイヤーなど

 

段が入った軽さのあるスタイルです!

 

特に動きを出すには削ぎの技術が重要になります。

 

 

カットで動きが出る実例

 

こちらはカットしてワックスをもみ込んだだけのスタイルです。

 

パーマをかけなくてもこのような動きが出せるのです。

 

 

もちろん何もスタイリング剤をつけなければ動きは出ません。 

 

カットご動きなし

 

この状態からワックスを揉み込むと・・・

 

動きのあるショートヘア

 

束感や動きが表現できるわけです。

 

お客様自身も

「私ってこんなくせっ毛だった?」

と不思議がるくらい動きが出ます。

 

 

毛束感が出るように削ぎを入れることで

スタイリング剤をつけると動きが出るわけです。

 

 

 

ポイントは軽さです!

 

 

次はくせ毛さんの実例です。

 

 

くせ毛なんだから動きが出て当たり前!

 

と思うかもしれませんが・・・

 

 

ただカットすると

 

 

なんだこれ?

 

ってなるわけです。

 

ただ切ってもうねるだけで動きは出ないのです。

 

ここから削ぎを入れると・・・

 

 

このように動きが出せるわけです。

 

くせ毛の場合は

 

くせが綺麗に出やすい乾かし方する

ウェット系のスタイリング剤をつける

 

という必要があります。

 

 

 

ちなみにくせ毛をカットでまっすぐにすることはできません。

 

ですが、このように適度な削ぎを入れることで綺麗な動きが出せるのです。

 

 

 

動きが出やすいカットのメリットとデメリット

 

メリット

 

  • パーマをかけなくても動きが出せる
  • パーマやアイロンを使うのと比べて傷まない
  • 飽きたらまっすぐにもできる(くせ毛は不可)
  • 自然な動きが出せる

 

 

デメリット

 

  • かなり削ぎを入れるので何もつけないとパサつきやすい
  • 乾かし方やスタイリング剤などが必要
  • 硬い直毛の方は難しいこともある
  • 寝癖がつきやすい

 

 

 

もちろんデメリットもありますが・・・

 

その人の髪でしか表現できない自然な動きが出せるのは魅力ですね!

 

 

まとめ

動きのあるショートヘアは

 

大人世代の女性に人気の髪型です。

 

 

カットで動きを出しやすくした髪型は

 

ただパーマをかけた場合と違って

 

自然で馴染みやすいというメリットもあります。

 

 

今回ご紹介したように

 

カットで動きが出しやすくなるかは

 

段や削ぎが重要なポイントになります。

 

 

 

ただスキバサミ削ぐだけではパサパサになって終わりです。

 

 

  • 段をどのくらい入れるのか
  • どのあたりにどれくらい削ぎを入れるか

 

 

毛束が動く空間を上手く計算してカットできなければ

 

動きがでないどころか見た目にも残念なショートヘアになってしまいます。

 

 

カットで動きのある髪型にしたいという方は一度ご相談ください。

 

 

 

ご予約について ご予約の詳細はこちら

Sakurai Takuya

自由が丘の美容師。研究により編み出した独自の似合わせ理論であなたに似合う素敵な髪型をご提案致します。ボブやショートヘアにこだわりがあり、骨格や髪質の悩みを解消するカットに自信があります。

ご予約、お問い合わせはLINE@またはメールからご連絡ください。

お問い合わせはこちら