ヘアカラーのパッチテストのやり方

一般的なヘアカラーは

アルカリカラーまたは酸化染毛剤

と呼ばれるものです。

実はこの酸化染毛剤に含まれるパラフェニレンジアミンという物質がアレルギーを起こす可能性があるものなのです。

 

そこで今回は

ジアミンアレルギーがあるかどうかを調べる

パッチテストのやり方をご紹介したいと思います。

 

 

 


スポンサーリンク


用意するもの

  • 使用するヘアカラー(1剤と2剤)
  • 綿棒
  • カラー剤を混ぜるカップ
  • ティッシュ

 

まずはこの4つを用意しましょう。

 

やり方

やり方はまず使用するヘアカラーの1剤と2剤をカップに出します。

1剤と2剤の割合はカラー剤ごとに決められているので薬剤を出すときはそれと同じ比率に合わせましょう。

 

次に綿棒を使って薬剤を混ぜます。

 

混ぜ合わせたら綿棒で腕の内側に10円玉くらいの大きさを目安に塗ります。

 

30分くらい乾燥させます。

乾燥しない場合はつけすぎなので軽くティッシュを使って拭きましょう。

あまり強くこすってしまうときちんと調べられなくなるのであくまでも軽く拭き取るのがポイントです。

 

また、塗ったところは絶対に絆創膏などで覆わないようにしてください。

正確にパッチテストの結果が出なくなります。

 

この状態で30分後と48時間後に塗ったところを観察します。

 

お風呂に入るときなどはラップでカバーするなどしてなるべく濡らさないように注意してください。

 

もしも発疹、赤くなる、かゆみ、水疱、刺激など皮膚の異常を感じた場合はすぐに洗い流しましょう!

症状がひどいと塗ったところの周囲に拡大して発疹、かぶれなどの皮膚の異常が出ることがあります。

 

 

アレルギーがあるか調べる

30分後と48時間後にチェックをします。

 

実はアレルギーには即時型遅延型といって

すぐ反応が出るものと時間が経って反応が出るものがあるのです。

そのため、このように2回チェックする必要があるのです。

 

 

30分後に

かゆみ、赤くなる、蚊に刺されたような腫れ

が出たらすぐ洗い流しましょう。

 

30分〜48時間の間に

かゆみ、赤くなる、発疹(丘疹や小水疱)

が出たら48時間経っていなくてもすぐ洗い流してください。

 

何も異常がなかった場合は問題はありません。

少なくともジアミンアレルギーではありません。

ですが、もし上記のような症状が出てしまった場合は一般的なヘアカラー(酸化染毛剤)の使用は絶対にしないでください!

 

 

また、パッチテストで反応が出てしまった場合でもノンジアミンカラーやヘナなどご用意しております。

ヘアカラーでかぶれてしまうなどお困りの方は是非一度ご相談ください。

 

 

 

ノンジアミンカラーについて詳しくはこちら↓

Non Diamine Color

ご予約について ご予約の詳細はこちら

Sakurai Takuya

自由が丘の美容師。研究により編み出した独自の似合わせ理論であなたに似合う素敵な髪型をご提案致します。ボブやショートヘアにこだわりがあり、骨格や髪質の悩みを解消するカットに自信があります。

ご予約、お問い合わせはLINE@またはメールからご連絡ください。

お問い合わせはこちら