ノンジアミンカラーと色持ちのテスト

前回はノンジアミンカラーで色味を入れていくテストをしました。

 

今回はそんなノンジアミンカラーの色持ちを試験してみました。

 

やり方は簡単!

 

シャンプーして乾かして様子を見る

 

これを繰り返し行うだけです!

 

大変ですが・・・

 

ノンジアミンカラーの構造はカラートリートメントに近いため、色落ちの問題があるようなので試してみたいと思います。

 

 

ノンジアミンカラーの色持ちをテスト

1回目

まずは1回目なのですが、濡らすと色が出てきました。

3日目くらいまでは少しこうした色が出ることがあるらしいです。

 

ここからシャンプーをしていきます。


流してタオルで拭いてみました。

 

あえて白いタオルで拭いてみたのですが、タオルに色は付きませんでした。

やはり市販のカラートリートメントと比べれば、圧倒的に色落ちは少ないです。

 

乾かすとこんな感じ↓

左が染めた毛束、右が染める前の色です。

色味はしっかり入ったままです。

 

シャンプー2回目

シャンプーしても色は出なくなりました。

水に濡れても色は出ません。

もちろんタオルにも色は付きませんでした。

 

乾かした後です↓

左が染めた毛束、右が染める前の色。

何も変わらないです。

 

シャンプー7回目

1週間毎日シャンプーしたらこんな感じ↓

左が染めた毛束、右が染める前の色。

ほぼ何も変わっていません。

 

 

シャンプー14回目

2週間洗い続けるとこんな感じ↓

少し白いのが浮いてきたかな?という感じ

 

シャンプー21回目

3週間洗い続けるとこんな感じ↓

少し白い毛が浮いてきましたが依然としてしっかり染まっているなという印象です。

 

 

 

テストまとめ

写真だと分かりづらいですが、14〜21回目くらいから本当に微妙に色が抜けたきたような感じです。

 

メーカーに問い合わせたところ、実際の人間の髪だとだいたい1ヶ月くらいで色が抜けていくるようです。

 

ただ、思っていた以上に色の持ちが良かったので人間でテストしたのち、実際にお客様に導入していこうかと思います。

 

タオルや衣服への色移りもほとんど問題なさそうです。

ただ、やはり一回目のシャンプーの前に濡らしただけで少し色が出てきているので、念のため最初の3日間はタオルは色物を使い、白い衣服も避けた方が無難なのかもしれません。

 

最初のテストで薬剤が肌についてしまったのですが、刺激が全くないのはもちろん、洗ったらすぐに色も落ちてくれました。

肌に優しいし、地肌が染まる心配もない。

しかも色持ちが良い。

 

カラーがしみると感じている方もいらっしゃると思うので、なるべく早く取り入れていきたいなと思います。

ご予約について ご予約の詳細はこちら

Sakurai Takuya

自由が丘の美容師。研究により編み出した独自の似合わせ理論であなたに似合う素敵な髪型をご提案致します。ボブやショートヘアにこだわりがあり、骨格や髪質の悩みを解消するカットに自信があります。

ご予約、お問い合わせはLINE@またはメールからご連絡ください。

お問い合わせはこちら