ノンジアミンカラーの発色テストをしてみた

Pocket

最近注目しているノンジアミンカラー

 

僕自身も普通のカラー剤で結構手が荒れる(パーマ液は全く問題ない)ので導入を真剣に検討しています。

 

ノンジアミンカラーとは?

今までノンジアミンカラーというと

ヘナ

ヘアマニキュア

カラートリートメント

という3種類があったのですがどれも髪の毛を明るくする力がありません。

 

また・・・

 

ヘナは

100%天然のものを使う必要がある。

(ケミカルヘナはジアミンが含まれる)

天然の草なので色味のバリエーションが少なく、気まぐれな発色をします。

サロンで完全発色させようとすると3時間おく必要がある。

一度染めると明るくできなくなります

 

ヘアマニキュアは

根元から染められないので白髪の伸びが早まる。

頭皮につくとなかなか落ちない。

コーティングが剥がれてくると手触りが悪くなる

パーマをかける場合など薬剤の浸透が悪くなる。

 

カラートリートメントは

塩基性染料、HC染料と言われるものがありますが、

発色が悪く、そもそもしっかり染まってくれない

そして色落ちが早い

中には普通のカラー剤を後で塗ると変色するものもある。

 

などのデメリットが多かったのです。

 

 

今回検討しているノンジアミンカラーは

カラートリートメントに似た構造なのですが、

従来のものと比べ、色もちが良い。

タオルや衣服の色移りがほとんどない。

そして、発色が良い

 

また、配合次第で色味を入れるだけでなく、

髪を明るくすることもできる

というのが特徴です。

 

普通のカラー剤と比べると刺激臭もないし、ダメージも極端に減ります

 

 

今回はそんなノンジアミンカラーの発色テストをしたいと思います。

 

まずは純粋に色味を入れる試験です。

メーカーの社長さん直々に教わったレシピで塗っていきます。

 

今日はダークブラウンという色味で実験

 

ブラウンの毛束に染めてみた

ブラウンの毛束にダークブラウンの染料を塗っていきます。

 

染め上がりはこちら↓

結構濃い色に発色しました。

一発で塗ってここまで色が入るのはすごい!

 

 

白髪率20%の毛束に染めてみた

白髪率20%の毛束です。

これにダークブラウンを載せていきます。

 

 

しっかり染まりました!

白髪は全くわからない状態です。

 

染める前と比べてみました。

染めたのはダークブラウンという色味ですが、自毛と同じくらいの明るさのような気がします。

ちょっと濃いめには発色するようです。

 

白髪率90%の毛束に染めてみた

こちらの毛束に染めていきます。

これくらい白髪があると普通のグレーカラーでも色が入りにくいタイプです。

どんな染まり具合になるのでしょうか?

 

 

染め上がりはこちら↓

 

結構染まりました!

思っていた以上の発色です!

多少はキラキラとしているのですが・・・

ほとんどわからないレベル。

 

染める前の毛束と並べて撮ってみました↓

 

しっかり染まっています。

 

 

次回は色持ちを検証していきたいと思います。

 

 

 








ご予約について



Author
Sakurai Takuya

研究により編み出した独自の似合わせ理論であなたに似合う素敵な髪型をご提案致します。ボブやショートヘアにこだわりがあり、骨格の悩みを解消するカットに自信があります。
ご予約、お問い合わせはLINE@またはメールからご連絡ください。

LINE@で友だち追加 メールする




Pocket