後ろ姿で美人になる髪型

後ろ姿ってあまり気にしない方が多いのですが結構重要だったりします。

美しい後姿はその人の雰囲気を素敵に見せてくれると思うのです。

今回はそんな後ろ姿で美人になる方法をお伝えしたいと思います。

 

 


スポンサーリンク


長く見える錯視

すらっと背が高く見えるとスタイルがよく見えるはず!

そこで今回は長く見える錯視を使います。

ミュラーリヤー錯視というものです。

 

実際に図で見比べてみましょう。

真ん中の線はどちらが長く見えますか?

 

%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%aa%e3%83%a4%e3%83%bc%e9%8c%af%e8%a6%96

 

下の方が真ん中の線が長く見えますよね?

でも両方とも同じ長さなのです。

 

ちょっと応用していきます。

形状が変わっても錯視が起きるのか実験します。

 

%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%a4%e3%83%bc%e9%8c%af%e8%a6%96

やっぱり一番右の方が長く見えますよね?

しかも普通の直線と比べても長く見えているのがわかると思います。

 

後ろ姿で再現する

人間で見てみましょう。

 

後ろ姿のデザインは大きく分けて

水平型 U字型 V字型

の3つに分類することができます。

 

back

V字型が一番スタイルがよく見えませんか?

次にスタイルがよく見えるのはU字型ですね。

水平型は少しふくよかに見えます。

 

また、右に行くにつれて

体がくびれて見えるのがわかるでしょうか?

 

U字型は丸みを帯びてかわいらしい雰囲気に。

V型はくびれが強調されて大人っぽく、セクシーな雰囲気になりやすいです。

 

ただ、くびれが強調されるということは、逆に

お尻も大きく見えやすいということです。

 

少しぽっちゃりさんで見てみましょう。

back-fat

 

右に行くほどスラッとして見えるがわかると思いますが、お尻の大きさだけで言えば、右に行くほど大きく見えるのがわかると思います。

 

水平型は全体的に体が大きく見えやすいです。

ずんぐりむっくりといった感じでしょうか?

 

一番右のV字型は上へすっと伸びていくような印象があるのですが、お尻は大きく見えやすいです。

 

真ん中のU字型は水平型よりはスラッと見えて、V字型よりはお尻が大きく見えない中間です。

お尻の大きさを気にしている方はこちらが無難だと言えます。

 

このようにその人の体型によって似合うバランスは変わってきます。

だからこそ似合わせが必要になってくるのです。

 

流行と似合わせ

ちなみに最近流行しているのはU字型です。

割と誰にでも似合う無難なスタイルだからでしょう。

V字型はあまり見かけません。

 

数年前は水平型のワンレンが流行しました。

町を歩けばワンレンの女性ばかりでしたが、あれはぽっちゃり気味の方にはあまり似合わないのです。

 

普段あまり髪型を気にされない方にはどれも一緒に見えるかもしれませんが・・・

流行に流されず自分の似合う髪型にしていきたいですよね。

 

 

いかがでしたか?

後ろ姿の切り方でこんなにも印象が変わるのです。

後ろ姿を美しく見せたい方は是非ご参考に!

 

 

 

ご予約について ご予約の詳細はこちら

Sakurai Takuya

自由が丘の美容師。研究により編み出した独自の似合わせ理論であなたに似合う素敵な髪型をご提案致します。ボブやショートヘアにこだわりがあり、骨格や髪質の悩みを解消するカットに自信があります。

ご予約、お問い合わせはLINE@またはメールからご連絡ください。

お問い合わせはこちら