髪をすくメリットとデメリット


髪をすくという行為について・・・

軽くすることによってどんなメリットがあると思いますか?

 

なんとなく扱いやすくなるというくらいにしか思っていないのではないでしょうか?

 

ただ、場合によっては軽くしない方が良いということもあります。

 

今回は髪をすくメリットとデメリットについて簡単にまとめてみました。

 

 

 

髪をすくメリットは・・・

乾くのが早くなる

動きを出しやすくなる

コンパクトになる

 

 

 

髪をすくデメリットは・・・

パサつきやすくなる

まとまりが悪くなる

 

 

 

結局どっちが良いのか?

髪は短くなるほど量が多く感じます。

逆に髪が長くなるほど量は落ち着いて見えるようになります。

 

すくべきかはその時々の長さによって変わるというのが答えです。

 

ショートはある程度軽くしないと野暮ったく見えがち。

だから軽くします。

 

特に襟足付近が重くなるとフォルムにメリハリがなくなってしまいます。

 

また、適度に軽さが入ると動きを出すこともできるからです。

 

逆に僕はカットをするとき、ロングはあんまり軽くしません。

ロングにする場合はまったくすかないくらいの方が綺麗に髪を伸ばすことができます。

 

 

毛先に厚みを作るのが大事です。

すいてスカスカになった毛先より、厚みがあり、まとまりがある髪の方がどういうわけかダメージしにくくなります。

髪はある程度まとまって束になっている方が痛みにくいのです。

 

繰り返しますが髪を綺麗に伸ばしたかったらほとんどすかないことです。

伸ばしたい場合は美容室ではあまり軽くしないでもらいましょう。

 

 

髪を根元からすくということについて・・・

基本的に髪の毛を根元からすくという行為はあまりしないほうが良いです。

(部分的には少しだけ取り入れても大丈夫ですが・・・)

 

根元からすくと毛量の多い方は一気に量が減り、その時は扱いやすくなったと感じるかもしれません。

 

毎回狙って根元だけをすくことができれば良いのですが、それができないので伸びるに連れてどんどん毛先がスカスカになってしまうのです。

根元からすいてもらって

髪が軽くなったぁ

なんか扱いやすくなったなぁ

とそのときは感じるかもしれません。

感謝するかもしれません。

 

ですが失敗は2回目3回目ぐらいから徐々に明るみになります。

 

すいた部分が出てくるので汚くなります。

毛先がパサパサになっていきます。

 

 

これは人形で擬似的に再現したのですが、スキバサミで軽くしすぎてこのような状態になってしまっている方を僕は何人も見たことがあります。

 

たかがすくだけと思うかもしれません。

素人でもできると思われがちですが、適当なことをすると想像以上に髪が汚くなります。

繰り返しすくことで取り返しがつかないくらいの負担が髪に加わるのです。

 

 

また、すく箇所を間違えるととんでもないことがおきます。

 

 

 

これは男性の髪ですが、毎回根元からガッツリ削いでいるので根元の毛が坊主のようにピンピン立ち上がっているのがわかるでしょうか。

 

 

下手な美容師がめちゃめちゃにすいた結果の失敗カットです。

 

ときどき女性でも頭頂部から短い毛が出てしまっている方を見ることがあります。

 

こうなったら伸びるのを待つしかありません。

髪型によっては半年くらい修正するのに時間がかかることもあります。

 

これもすく場所と量を間違えたからこういうことが起きてしまうのです。

 

ショートにする場合はある程度削ぐ必要があるのですが、それも今まで見てきたように削ぐ量や場所一つでおかしなことになります。

 

 

髪を短くするなら軽くする。

髪を伸ばすなら軽くしない。

というのが基本ですが、何事もバランスです。

 

良いさじ加減で髪を綺麗にしてくれる人を見つけられると良いですね。

 

 

髪でお悩みの方、いつでも相談に乗りますよ!


 
 
 
フリーランス美容師 Sakurai Takuya
 
似合わせや髪質を活かしたカットはお任せを
 

営業日
 
不定休

営業時間
 
10:00〜
最終受付時間は18時(施術内容によっては17時)

アクセス
 
自由が丘駅から徒歩3分
 
詳しいアクセスはコチラ
メニュー・料金
 
カット 6480円
カラー 7560円〜
パーマ 7560円〜
 
詳しいメニュー・料金はコチラ
ご予約・相談
 
LINE@
LINEで友だち追加
 
 
メール
メールする